• Author:tbsa
  • Comments:0

技術で見る音楽史 Part1

寒かったり、暖かかったりが続いております。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

当サイトも昨年末にリニューアルして早3ヶ月ちょっと。
せっかくブログがあるのにあまり活かせていないなーということで、
音楽に関するもろもろの書きものをしていきたいと思います。
題しまして「技術でみる音楽史」

意外と知らない、というかあんまり興味ない?人が多いかもしれません。
が、しかし。現在の音楽を語るには、それはもう膨大な歴史の積み重ねなくしては語れません。

…といっても、かたっくるしいことは抜きで、大雑把に、だいたいの解説していければいいかなと思っています。

ちゅーことで、第一回は中世~古典派までやっていこうと思います。

中世~古典派なんていうと小難しい響きがしますが、なんてことはないです。
言うならば「対位法ができて、それが和声法になるまで。」のお話です。

ん?対位法も和声法も知らない?…大丈夫!
今からざっくり解説していきます。
.
.
.
.
.

・中世
モノフォニー

6~15世紀のあいだ。結構長いですね。
中世のみならず、西洋の音楽史は「教会を中心に話が進んでいく。」というものだと思ってください。
もちろん他の、教会音楽以外にも音楽は沢山あるのですが、
それらが脚光を浴びるのはまだまだ、ず~っと先の話です。

で…さっそくでアレなのですが…中世はあんまり詳しいことはわかりません。
「えっ?」って感じですが、中世は芸術にとっても「暗黒時代」と言われており、
音楽だけでなく絵画だったり、様々な芸術で未だ判明していない部分が多い時代なのです。
どうしてくれんだよ、これよぉ!?なぁ!?長かったんだよなぁ、中世時代ィ!

ですので現在わかっているものの代表をとりあげます。許して。
それは…

モノフォニー(単旋律)

といわれているものです。
大雑把に言うと「メロが1個しかないよ!」っていうものです。

サンプル
https://youtu.be/Dlr90NLDp-0
グレゴリオ聖歌。絵が怖いからちょっと注意な!

教会で何人も集まって同じパートを歌います。
ハモりません。全員ユニゾンです。

これがだんだんと進化していきます。
・ルネサンス

ポリフォニー(パートごとに違うメロ。動きもバラバラ)

中世から一気にモノフォニーが進化します。
みんな同じメロディを歌っていたのが、バラバラなメロディを歌い始めます。

サンプル
https://youtu.be/MNm9tNZePew
Josquin des Prez。ジョスカン・デ・プレおじさん。

ここで大事なのは、パートが分かれたことで音と音の間、つまり「音程」という概念ができたことです。
パートが独立したことで、各パートのメロどうしの綺麗さの追求が始まります。
サンプルを聞いて戴ければわかりやすいですが、リズムがパートごとに違うリズムです。

違うリズムで綺麗に。これが「対位法の原型」です。

つまり、対位法って?と言われれば、
パートにわかれて歌ったとき、「上のパートはどんなふうに動いて、下のパートはどんなふうに動けば綺麗か?」
の追求です。
(すごく雑に書いているので、見る人が見たら怒られそう…。)

この時点ではメロディどうし、横のつながりを重視していました。
縦の重なりである和音に関しては副産物といった形でした。
この副産物が後に、和声の考え方へとつながります。
・バロック
対位法のハッテン(意味深)とホモフォニー

対位法が発展していきます。カノンとかフーガとか。
一方でこれまでのように横のつながりだけではなく、縦のつながり、音の重なりである和音を意識し始めます。
それが、ホモフォニーです。
ホモフォニーは音が重なったまま同じリズムで動くというもの。
さぁ…対位法解体ショーの始まりや。

サンプル
https://youtu.be/LTXCIX5CZfA
Alessandro Scarlatti 諸々。

サンプル聞いて戴ければ、なんとなくルネサンスよりも「一緒に動いてる感じ。」がします。
 以後、独立したパートが動くという「対位法」的考え方から、
 和音と和音のつながりを意識した「和声法」という考え方に切り替わっていきます。

.
.
.
.
.
.

【まとめ】

和声はホモ。はっきりわかんだね。

というわけで次回は古典派から。

 

No tags